山陰研究センターブログ

島根大学法文学部山陰研究センターの活動紹介やイベント等のご案内など

事務室から

「山陰研究センターのブログ」デザインを変更しました。 主な変更点として、最新記事欄に画像が表示されるようにしました。 その他、サイドメニュー周辺を変更しています。 不具合等がありましたらコメント等でご連絡ください。 今後ともよろしくお願いします。
『ブログデザインを変更しました』の画像

2010年5月に刊行された『人物しまね文学館』の続編が刊行されました(山陰中央新報社、1,680円)。 芦田耕一先生(本学名誉教授)、佐々木杏里さん(手錢記念館学芸員)が、当センターの研究プロジェクトの成果をもとに、島根で江戸末期頃に活躍した文人、森為泰、富永芳久
『『続・人物しまね文学館』が刊行されました』の画像

センター資料として、書籍をご寄贈いただきました。 鳥取県警察史 第1巻(鳥取県警察史編さん委員会 / 鳥取県警察本部) 鳥取県の歴史(山中寿夫) 久松山鳥取城-その歴史と遺構(鳥取県の自然と歴史6)(鳥取県立博物館) 千代田町史 近世資料編 上・下(千代田町役場) 千

1ヶ月ぶりの更新です。 新たに以下の資料をセンターに配架しました。 『ニューオーリンズとラフカディオ・ハーン -「死者たちの町」が生む文化混淆の想像力-』 島根大学附属図書館附属図書館ハーン図書出版編集委員会編 19世紀のニューオーリンズは文化のワンダーラン
『【資料】『ニューオーリンズとラフカディオ・ハーン -「死者たちの町」が生む文化混淆の想像力-』』の画像

↑このページのトップヘ