山陰研究センターブログ

島根大学法文学部山陰研究センターの活動紹介やイベント等のご案内など

プロジェクトから

9月16日、出雲市大社町の手錢家において、手錢家蔵書とその背景にある出雲地方の文芸活動について検討する共同研究会が行われ、当センターの 「山陰地域文学・歴史関係資料の研究」プロジェクトを代表して、要木純一教授(中国文学)が、『出雲名勝摘要』に関して発表しまし
『『出雲名勝摘要』に関して発表を行いました』の画像

6月7日、国文学研究資料館(東京都立川市)において調査研究シンポジウムが開催され、大社町手錢家の蔵書研究チームを代表して田中則雄が報告を行いました。   手錢家は1600年代の終わりから大社の地で商業を営み、松江藩主が出雲大社に参詣する折などにはその本陣
『【プロジェクトより】手銭家蔵書について報告を行いました』の画像

第30回地域社会問題研究会を以下のように開催いたします。 多数の皆様のご参加をお待ちしております。 日時:7月24日(木)18時30分~20時30分 場所:法文学部棟2階多目的室1(207) <報 告> 「島根総合発展計画の概要と狙いについて」(島根県政策企画局政策企画室

↑このページのトップヘ