山陰研究センターブログ

島根大学法文学部山陰研究センターの活動紹介やイベント等のご案内など

センターの活動

平成24年11月28日に,第8回山陰研究交流会を開催しました。 交流会の様子 今回は「『出雲名勝摘要』について-明治初期の出雲文芸界」をテーマに要木純一先生(法文学部)にご発表いただきました。 「山陰研究」第4号にご寄稿いただいた「翻刻『出雲名勝摘要』」を元に、
『【報告】第8回山陰研究交流会を開催しました』の画像

11月14日に山陰サロンを行いました。 発表者の関(右)と参加者 財政学・地方財政論を担当する、関耕平より、隠岐の島町にある隠岐病院の維持に向けて、島根県と隠岐の島町が財政的支援を中心に維持していくメカニズムについて、報告がありました。 隠岐病院は、広域連
『【報告】第21回山陰研究サロンを開催しました』の画像

平成24年10月31日に,第7回山陰研究交流会を開催しました。 [会場の様子] 今回は「島根原発に関する意識調査結果の分析」をテーマに,江口 貴康 先生(法文学部)・上園 昌武 先生(法文学部)にご発表いただきました。 まず,江口先生より今年5~6月に行われた松江市民を
『【報告】第7回山陰研究交流会を開催しました』の画像

10月10日に第20回目の山陰研究サロンを開催しました。 サロンの様子 今回の山陰研究サロンは、京 俊輔さん(法文学部・福祉分野)から 「ぷれジョブを通じた障がいのある子の地域生活支援」と題して、 障がいのある子どもの地域生活をどのように支援しているかについて報
『【報告】第20回山陰研究サロンを開催しました』の画像

9月16日、出雲市大社町の手錢家において、手錢家蔵書とその背景にある出雲地方の文芸活動について検討する共同研究会が行われ、当センターの 「山陰地域文学・歴史関係資料の研究」プロジェクトを代表して、要木純一教授(中国文学)が、『出雲名勝摘要』に関して発表しまし
『『出雲名勝摘要』に関して発表を行いました』の画像

↑このページのトップヘ