山陰研究センターブログ

島根大学法文学部山陰研究センターの活動紹介やイベント等のご案内など

その他の活動

12月11日、くにびきメッセ(松江市)において「しまね大交流会」が行われ、当センターも出展しました。当日は大学など研究機関のほか、学生のゼミグループ、自治体、企業等が、日頃の山陰地域に関わる取り組みについて、パネルやプレゼンテーションなどによって紹介を行いま
『「しまね大交流会」で山陰研究センターの活動を紹介しました』の画像

芦田耕一著『江戸時代の出雲歌壇』(山陰研究ブックレット1)が刊行されました。 芦田先生が当センターの研究プロジェクトで長年取り組んで来られた江戸時代後期の出雲歌壇の研究成果が、『江戸時代の出雲歌壇』として刊行されました(今井出版、1,000円)。 紀貫之が『
『『江戸時代の出雲歌壇』(山陰研究ブックレット1)について』の画像

山陰研究ブックレットNo.1「江戸時代の出雲歌壇」が刊行されました。 山陰研究ブックレットNo.1 『江戸時代の出雲歌壇』 著者:芦田 耕一 発行:今井出版 価格:952円(税抜) ISBN 978-4-901951-99-9 和歌発祥の地とされる出雲国。この地では、江戸時代にも城下町松江と出
『山陰研究ブックレットNo.1「江戸時代の出雲歌壇」のご紹介』の画像

本年も山陰研究センターをよろしくお願い申上げます。 さっそく1月11日(水)には,本年度3回目の山陰研究交流会を開催します。 (→詳細はこちらからご参照下さい。) 皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

↑このページのトップヘ