【2020.03.02 更新】

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、開催を延期(開催日未定)させていただくこととなりました。

皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどどうぞよろしくお願いいたします。

20200321semi

今年度より山陰研究センターでは、ふだんは山陰地域の研究とはなじみが薄く、理論研究や諸外国など他地域の研究に取り組んでいらっしゃる先生方もご一緒に地域研究の今後について議論する機会を設けようと、連続セミナーに取り組んでいます。今後の地域研究をより深く豊かなものにするため、ぜひご参加の上、一緒に議論を深めていればと思います。

 

※こちらは3/21開催分のご案内です。あわせて2/27開催分についてもよろしくお願いいたします。

2/27「グローバル資本主義への国際的対抗運動と場所・地域・領土の問題圏:D.ハーヴェイの地理的不均等発展論を手がかりとして」(山陰研究センター連続セミナー「今後の地域研究のために」)

開催情報

山陰研究センター主催/連続セミナー「今後の地域研究のために」

 

日程:2020年3月21日(木) 14時より

場所:法文学部2階 多目的室(207)

 

演題:「礫岩のようなヨーロッパ」と「主権」理解の再構築に向けて

講師:古谷 大輔 先生(大阪大学大学院言語文化研究科准教授)

(科研基盤(A)「歴史的ヨーロッパにおける主権概念の批判的再構築」研究代表者)

 

これまでの人文・社会科学においては、領域性と結びつけて「主権」の問題が考えられ、この主権が近代的主権へと成長するものと見られてきた。

これに対して、本科研による共同研究は、権利関係・血縁関係・情報交換など、歴史的ヨーロッパ全体に広がる関係性を踏まえながら、主権概念の批判的再構築を目指すものである。

本セミナーでは、そのための論点開示と事例紹介を行い、参加者からの忌憚のない批判を得たい。

 

※本セミナーは、科研基盤(A)「歴史的ヨーロッパにおける主権概念の批判的再構築」および2019年度の戦略的機能強化推進経費による「人文社会科学分野を核とした学際的な山陰研究の推進と成果発信」の一環です。