P1000650

2017年1月25日、当センターの研究交流会において、法文学部・本研究センターの関耕平が、「三江線の過去・現在・未来」と題して、報告を行いました。

今春に発刊予定の同名の山陰研究センターブックレットの内容の紹介に沿って、三江線敷設の背景や歴史的経緯、三江線廃線に関する論点や、同じくJR西日本管内で廃線になった可部線の経験などについて報告がありました。

 

特に可部線についての報告では、廃線までに住民が粘ったことで地域の結束力が高まり、その後の駅跡地利用などに生かされたことなどが紹介されました。

 

P1000653

報告後も多くの質問や討議がなされ、廃線が予定されている三江線に対する関心の高さが伺える研究会となりました。

次回の山陰研究交流会について

第27回山陰研究交流会は、2017年2月22日(水) 16時15分開催です。

「島根県内高校生の家族生活と進路選択について」をテーマに、白石絢也氏(SPReD)と本学部 片岡佳美教授が発表を行います。

参加無料・申込不要です。どうぞお気軽にご参加下さい。

2016年度山陰研究交流会開催スケジュール : 山陰研究センターブログ