2015山陰研講演会
島根大学法文学部山陰研究センターでは、日頃より進めている山陰に関する研究活動・成果について一般の方にも理解を深めていただく場として、第8回山陰研究センター講演会を開催いたします。今回は原発問題・福祉・文学史分野の3本の講演を行います。

参加無料・事前申込等はございませんので、皆様お気軽にご参加ください。

講演会情報

日  時:平成27年6月6日(土)  13時30分~16時45分(開場 13:00)
場  所:島根大学 大学会館3階 大集会室(松江市西川津町1060 島根大学松江キャンパス内)

主催:島根大学法文学部山陰研究センター
後援:松江市、山陰中央新報社、山陰ケーブルビジョン

講演テーマ・講師

【講演1】
原子力発電に関する松江市民アンケート調査の結果報告
講  師:片岡 佳美(島根大学法文学部)

【講演2】
高齢社会を支える成年後見制度 ―島根県とドイツの紹介―
講  師:宮本 恭子 氏(島根大学法文学部)

【講演3】
明治の松江と漢詩 ―明治十年代の出雲漢詩壇―
講  師:要木 純一 氏(島根大学法文学部)

アクセス


バス

以下の路線をご利用ください。
市営バス:「北循環線内回り」または「大学・川津ゆき」
一畑バス:「美保関ターミナルゆき」

周辺地図


※駐車スペースに限りがございますので、なるべく公共機関等でお越しくださいますよう、ご協力をお願いいたします。