2013年10月30日に山陰研究交流会を実施しました。
この交流会は、山陰研究センターによるプロジェクト研究についての成果を交流するための企画で毎年後期に実施しています。

s_P1010896.jpg s_P1010902.jpg
交流会の様子


今回は「近代島根県の漁業政策と漁業組合」という題で、伊藤康宏氏(生物資源科学部)に講演いただきました。

1900年代からの島根県、島根半島における漁協の形成と共同施設事業の実施や、これを奨励した県や国の政策が、一次資料に基づきながら詳細に分析されている報告で、大変興味深く、また緻密な資料分析にもとづく研究成果の報告でした。

当時の漁村の様子が目に浮かぶような、また島根県における漁業の勃興を知る上で重要な「漁村における産業組合の形成のプロセス」を知る上で、大変重要な研究だと感じました。

(文責:関)

次回の開催について


次回は2013年11月27日(水) 16:15から開催します。
「全国ブランドを生みだす畜産漁業―隠岐潮風ファームの経営を中心に―」をテーマに、北山 幸子 先生(立命館大学国際関係学部嘱託講師)よりご発表頂きます。
申込不要・参加無料ですので、お気軽にご参加ください。