山陰研究センターブログ

島根大学法文学部山陰研究センターの活動紹介やイベント等のご案内など

更新情報

  山陰研究センター10周年記念行事(講演会・企画展示)は、終了しました。 講演会・企画展示ともにたくさんの皆様にご来場いただきました。ありがとうございました。 報道について 10周年記念を各所で報道いただきました。 【新聞】 ・山陰中央新報:「[街角トピックス]松
『山陰研究センター10周年記念行事(講演会・企画展示)終了しました』の画像

正門前に設置予定の看板です 今週末6月7日(土)は、10周年記念行事の講演会開催です。 参加無料です。どうぞ、お気軽にご参加ください。 当日は企画展示会場もご入場いただけます。 附属図書館は10:00~17:30、ミュージアムは9:00~16:30まで開いております。 なお、駐
『【10周年記念行事】今週末・6月7日(土)講演会を開催します』の画像

4月23日、今年度に入って初めての山陰研究サロンを開催し、英米文学がご専門の長岡真吾先生に話題を提供していただきました。 話題提供者の長岡真吾先生 日本では小泉八雲の名で知られるラフカディオ・ハーンは、1850年にレフカダ島(現在はギリシア)に生まれますが、少
『4月の山陰研究サロン 「じゃがいも飢饉・ラフカディオ・ハーン・ギリシャ移民」長岡真吾 先生』の画像

山陰研究センターでは、10周年記念行事「山陰のひと・まち・なりわい」として、講演会・企画展示を開催します。 当センターは2004年4月に創設され、今年10周年を迎えます。 これを記念した講演・企画展示イベントです。 地域の皆様と“山陰”についての研究成果を共有したい
『10周年記念行事「山陰のひと・まち・なりわい」のご案内』の画像

2014年1月29日、第14回山陰研究交流会を開催しました。 今回は「山陰地域文学関係資料の公開に関するプロジェクト」(山陰研究プロジェクト1302)を代表して、野本瑠美先生に「手錢家の古筆資料」と題して報告いただきました。 発表者の野本先生 島根県出雲市大社町の手錢
『【山陰研究交流会】手錢家の古筆資料』の画像

1月22日の教授会後に、山陰研究サロンが開催されました。 『山陰研究』に掲載された論文をもとに、法経学科の渡邉先生が、「グローバル化時代の山陰経済:境港における国際物流を中心に」と題してお話されました。 世界経済の最新の議論を踏まえながら、境港を中心とした

↑このページのトップヘ