山陰研究センターブログ

島根大学法文学部山陰研究センターの活動紹介やイベント等のご案内など

更新情報

企画展示「近代伯耆のタイムカプセル」を開催します。 本センターの研究プロジェクトと地元住民の方々と共同で整理・調査を続けてきた鳥取県伯耆町の「矢田貝家文書」の中間成果報告としての企画です。ぜひお越し下さい。  
『企画展示「近代伯耆のタイムカプセル」を開催します』の画像

   山陰研究センターでは、今年度も一般の方と研究者を対象とした研究会イベント「山陰研究交流会」を計4回にかけて連続開催いたします。 第34回は「古墳に副葬された中国鏡の履歴―伯耆国分寺古墳出土鏡群の製作・流入・入手・副葬―」をテーマに以下のとおり開催します
『 山陰研究交流会(第34回)「古墳に副葬された中国鏡の履歴 ―伯耆国分寺古墳出土鏡群の製作・流入・入手・副葬―」を開催します』の画像

山陰研究センターでは日本地域経済学会との共同で、地域公開シンポジウム「『人口減少時代の地域再生」を開催いたします。本シンポジウムでは、人口減少時代における地域社会の維持・再生に向けて、住民、コミュニティ、行政、研究者のそれぞれの立場から、山陰地域や韓国の
『地域公開シンポジウム「人口減少時代の地域再生」を開催します』の画像

   山陰研究センターでは、今年度も一般の方と研究者を対象とした研究会イベント「山陰研究交流会」を計4回にかけて連続開催いたします。 第33回は「方法としての庶民生活史-和牛の歴史研究・住民参加型調査・戦争体験記録収集事業の通奏低音-」をテーマに以下のとおり
『山陰研究交流会(第33回)「方法としての庶民生活史-和牛の歴史研究・住民参加型調査・戦争体験記録収集事業の通奏低音-」を開催します』の画像

2018年度山陰研究交流会の開催スケジュールが決定しました。 皆様お気軽にご参加下さい。(参加無料)   2018.10.9 第35回・第36回の発表テーマが決定しました。  
『2018年度山陰研究交流会 開催スケジュール』の画像

企画展「生誕150年 桑原羊次郎と桑原文庫ー蔵書印からみたコレクションの成り立ち―」を開催します | 島根大学附属図書館 企画展示「生誕150年 桑原羊次郎と桑原文庫ー蔵書印からみたコレクションの成り立ち―」(山陰研究センター共催)が本日より島根大学附属図書館で開催

2018年 社会情報学会(SSI) 学会大会基調講演:9月8日(土)13:00~14:00 大学ホール 「AIとプログラミング」 まつもとゆきひろ氏 (ネットワーク応用通信研究所・プログラミング言語Ruby開発者) 9月7日(金)から9日(日)にかけて島根大学で社会情報学会大会が開催されます

↑このページのトップヘ